庭の定期購読

庭しんぶんは、庭ビルで毎月発行している新聞です。こどもとの暮らしの中に、明日がもっと楽しみになるような新聞をつくろうと、2018年8月から札幌を中心に全国に向けて発行しています。すべてのこどもの元へ届くことを願いこどもは無料(おとなは110円/1部)。
 

わたしたちは庭の定期購読をはじめます。毎月、保育園・幼稚園・こども園(※1)を通じて、①絵本、②庭しんぶん、③福音館書店の新刊情報をお届けします。庭セレクトをお楽しみください。

庭ビル(※2)は、絵本、おもちゃ、こどもの生活用品、長く使える雑貨や家具を扱うお店が集まっています。いま、少しずつ庭を育てているところです。


※2 本サービスはパンフレットを配布してくださっている保育園・幼稚園・こども園に限ります。

※1 庭ビルには、福音館書店の販売代理店、札幌第一こどものとも社があります。福音館書店の書籍や専売品、並びに様々な出版社の書籍の取り扱いが可能です。

コースを選ぶ

福音館の月刊絵本

60年以上発行し続けている月刊絵本

『こどものとも』は福音館書店が1956年の創刊以来、60年以上発行し続けている月刊絵本です。大人は、新聞や雑誌、ウェブなどから、毎日必要な情報を取捨選択しています。巷にあふれる情報のほとんどは大人向けに編集されています。世の中をこどもの視線で眺めてみると、こどもたちが理解できるように編集された情報がとても少ないことに気がつくはず。

 

大人は、「読む」ことで多くの情報に触れますが、まだ読むことができないこどもは、「聞く・見る」ことを通して世界に触れます。絵本は、言葉と絵でこどもに語りかけます。語りかけたことが絵としても表現されているのです。

 

わたしたちが生きているこの世界について、こどもが理解できるように伝えるには、大人の相当な努力が必要です。子育ての日々は慌ただしく怒涛のように過ぎていきます。わたしたちは、こどもにとって必要なことを、日々の生活の中で伝えていきたいと願います。福音館書店は1952年の創業当時から「こどもと生きる」ことに果敢に挑戦している出版社です。こどもと向き合いながら、こどもに出会ってほしい世界を、こどもに伝わるように編集し、絵本にしています。例えば、50年以上前に月刊絵本としてつくられた『ぐりとぐら』には、今も変わらずこどもにとって魅力的な世界が描かれています。

 

こどもに出会ってほしい世界には、日常の中で偶然に出会うか、大人がそっと用意するしかありません。こどもがわくわくしながら、世界に出会う。出会いたい世界や感じたい気持ちに出会う。それを叶えてくれるのが『こどものとも』です。毎月必ず届けられるこどものための情報誌です。

​有限会社

札幌第一こどものとも社

〒060-0042

北海道札幌市中央区大通西17丁目1-7

電話   011-688-6908(平日9:00 - 17:00)

メール  info@niiiwa.com

© 2020 by 札幌第一こどものとも社